こんにちは、管理部の岩田です♪

ようやく北見市も春、というよりもはや夏に近いくらい気温が上がってきました!

昨日の最高気温はなんと

29.8度(*_*;

当事務所からも「暑いね〜」との声が(笑)

とは言っても夜になると急激に気温が下がるのもまたこの北見市。

窓を開けたまま寝たりすると、あっという間に風邪を引くので要注意です!(毎年経験済み)

 

さて、この時期悩ますものがもう一つありますね。

そうです、

    症 で す 。

そもそも花粉症とは何なのか...

花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたとき、それを排除しようとする、「免疫反応」によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることをいいます。花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

出典元:花粉症のはなし エスエス製薬

花粉症対策として、まずはアレルギーへの対抗力を強めることが大切です!

その方法として...

  • 生活リズムを整える
  • 栄養バランスの取れた食事
  • 適度な運動
  • できるだけストレスを溜めない(ストレスを発散させる)・・・などはもちろん

 

花粉症に効く食べ物として、次のものが紹介されています。

 

 

きのこ類・・・免疫力を向上させるビタミンが豊富

 

 

 

 

しその葉・・・過剰に働く免疫機能を正常に戻す

 

 

 

青魚・・・アレルギー体質の改善に効果的

 

 

 

 

たまねぎ・・・花粉症改善に十分な効果を発揮

 

 

花粉症の薬には・・・

  1. 症状が出る前に内服したほうが効果的な薬
  2. 即効性がある薬
  3. 副作用(眠気)を抑えて効果を持続させる薬

薬によって様々な特徴があるので、スタイルに合わせた薬剤を選択すると良いかと思います(^^)/

花粉症のピークは4月〜6月です!対抗力を付け乗り切りたいところですね!

また、花粉症の症状に似た風邪症状もあるので、

体調の変化や環境調整のためにも訪問看護にご相談下さい♪