こんにちは、管理部の岩田です!

早くも7月になりました。いつになったら北海道は夏らしくなるのでしょうか...

最近は雨も多く、西日本では豪雨による災害も起きています。

今一度、緊急時や災害時の対策を見つめ直していくべきだと感じました。

さて!今回は、きっとこれからやってくるだろう【夏バテ】についてです!

暑い日はなんとなく身体がだるい、動きたくない、経験あると思います。

それはただ単に暑さだけが原因ではないんです。


どうすれば夏バテしないの?


暑い日が続くと、その暑さによる疲れから食用も低下し、

そうめんやうどんなど、あっさりした食事になりがちではないでしょうか?

ですが、こうした食事だけでは疲労回復どころか大切なエネルギー源となるタンパク質など

体に必要な栄養素が不足していしまいます。

そういった時期に必要な栄養素は

ビタミンB1

エネルギーを作る手助けをし、疲労回復のビタミンとも呼ばれています。豚肉、うなぎ卵黄など。夏場はビタミンB1の消耗が激しくなり、不足しがちになります。アリシン(にんにく、にら、玉ねぎ、ネギ等)を含む食品と一緒に食べると吸収が良くなります。

たんぱく質

筋肉やじん帯など強い身体をつくります。持久力やスタミナがつくなどエネルギー源となります。お肉、魚、卵、豆製品などです。

クエン酸

疲労の原因の乳酸菌の排出を促します。レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系や梅干しに多量に含まれます。

ビタミンA・C

身体の抵抗力を高めます。

〈ビタミンA〉
レバー、うなぎ、にんじん、かぼちゃなど
〈ビタミンC〉
キウイ、じゃがいも、赤・黄ピーマン、ゴーヤなど

 

以上が代表的なものです。

 

確かに暑い時って、そうめんやざるそばとか食べたくなりますよね(・∀・)

ただ、夏を乗り切るためには食事から改善し、暑さに負けない身体作りが大事になってきます!

私、改めてこれを見て、クエン酸が圧倒的に足りていないなと感じました。笑

今の食事+ちょっと足りていない部分を足して、改善することで夏本番を乗り切りましょう!\(^o^)/

 

高齢者の方は、これらの栄養素を食料から摂取するのが困難な場合がありますので

そのような方へは、適した栄養補助食品の摂取をお勧めします。

 

★こうした栄養・体調管理でお困りの際は、お気軽に訪問看護師にご相談下さい★